株式投資を学ぼう!
株式投資

株式投資の基礎,証券会社について,株式情報サイトの案内ゥ

株の利益
株の売買や株券を持つことによって得られる利益は、
値上がり益・配当・株主優待の3種類あります。

値上がり益の受取りは、
証券を売ることで行います。

配当、・株主優待を受取るには、
株券を持っていなければなりませんが、
単に証券を持っているだけでは
株主としての権利を受取ることができません。

配当と株主優待を受取るには、 株主名簿に記載してもらうための
名義書換えの手続きをする必要がありますが、
手続きに2週間ほどかかり、
その間、手続中の証券を売ることが出来ない、
売りたいと思うときに売れないというデメリットがあります。

そういう場合には、
保管振替制度 (ほふり) という制度を利用するといいでしょう。

保管振替制度は、
証券会社が保護預かりしている株を集めて管理して、
証券を動かさずに権利のみを動かすという制度です。

この制度を利用すれば、
実質株主名簿に記載され、
名義の書換えをしなくても
株主としての利益を受けつつ、
売買も出来ます。

UP▲

~株式投資の心構えへ
~株式投資なびへ


Copy right(C)
株式投資なび
All Rights Reserved.