株式投資を学ぼう!
株式投資

株式投資の基礎,証券会社について,株式情報サイトの案内ゥ

株取引参加者
株式の取引は大きく分けると、
・個人投資家
・機関投資家
・外国人投資家
によって行われています。

この三者の動向によって
株価の変動にある程度の影響を与えるので、
それぞれの特徴をよく知っておくといいでしょう。

個人投資家とは、
一般的な投資家、個人的に株取引をする人のことです。
売買単位が小さいので、
株価に与える影響が最も少ないと考えられます。

機関投資家とは、
日本国内のプロの投資機関です。
銀行などの金融機関や一般企業の投資部、
投資信託会社などがこれにあたります。
売買単位が非常に大きく、
株価に与える影響はかなり大きいものとみられます。

外国人投資家は、
国外の資金を使って日本株を買いますが、
為替差益にも関わり、
円高になると株が売られるという傾向になります。
外国人投資家は売買単位が大きく、
株価に大きな影響を与えます。

株の銘柄にある株主欄には、
外国投資家の比率が掲載されています。

UP▲

~株式投資の心構えへ
~株式投資なびへ


Copy right(C)
株式投資なび
All Rights Reserved.