株式投資を学ぼう!
株式投資

株式投資の基礎,証券会社について,株式情報サイトの案内ゥ

配当金の計算
株の配当とは、
企業が上げた利益を株主に分配することを言います。

配当された金額のことを配当金と言います。
配当金は利益を分配するので、
業績の状況が悪化した場合には配当金は出ません。

配当が出ない状況のことを無配と言います。
また、再び配当されることを復配と言います。

配当金は、
決算で企業の利益を確定した後に、
1株あたりいくら出すのかについて、
株主総会で決められます。

配当金の計算方法は、
たとえば企業の株を100株持っていて
1株あたりの配当額が10円の場合には
1,000円の配当金となります。

ただし、税金が引かれるので、
満額ではありません。

配当金を株価で割ると、
配当利回りが算出されます。

配当利回り(%)は、
(配当額÷株価)×100
という計算式によって算出します。
(

UP▲

~株式投資と証券会社へ
~株式投資なびへ


Copy right(C)
株式投資なび
All Rights Reserved.