株式投資を学ぼう!
株式投資

株式投資の基礎,証券会社について,株式情報サイトの案内ゥ

青天井と天井と底
青天井と天井と底とは、
株式の専門用語で株価の動きを表した言葉です。

株価が一番低くなったところを底と言います。
その値段のことを底値(そこね)と言います。

株価が下がったまま止まって
しばらく横ばい状態になっていることを、
底固め(そこがため)と言います。

株価の相場が、下降が止まり、
上昇に転じた状態のことを
底入れ(そこいれ)と言います。

さらに底値を下回って、
下値の目途が立たなくなることを
底割れ(そこわれ)と言います。

底値と反対の意味で、
株価が一番高くなったところを天井といいます。

底割れと反対に、
株価が高騰してどこまで上がるかわからないような状態のことを
青天井と言います。

株では、
よく「相場に青天井なし」と言われています。

株投資をする上で、
株価の高騰がどこまでも勢いがよくなるという状態は
決してありえないという意味です。

UP▲

~株の専門用語へ
~株式投資なびへ


Copy right(C)
株式投資なび
All Rights Reserved.